カウンセラーの資格

カウンセラーの資格は、公的なもの、民間資格など、いろいろあります。

 

しかし、日本では、カウンセリングの歴史が浅く、
まだまだカウンセラーという職業に対する認識や、
カウンセラーという職業の社会的位置づけについて
確固足るものがありません。

 

近年、ストレス社会といわれるようになり、
人々の心の健康が注目されるようになり、
「メンタル」という言葉や「メンタルケア」
という言葉に注目が集まるようになり、
同時に、カウンセラーという職種の必要性が
叫ばれるようになりつつあります。

 

このような状況の中、カウンセラーを資格的に認知しようという働きが盛んになり、
公的機関が認定する資格や、
各種学会が認定する資格など、
カウンセラー関係の資格が次々と生まれています。

 

公的機関が認定する資格

 

臨床心理士: 文部省が認可する財団法人日本臨床心理士資格認定協会

 

産業カウンセラー・心理相談員: 労働省認定

 

* カウンセラー単体の国家資格は現在はありません。
 しかし、カウンセラー的な技能が求められる国家資格に、
 「社会福祉士」という資格があります。

 

民間が認定する資格

 

認定心理士、交流分析士、精神対話士、応用心理士、
認定カウンセラー