カウンセラー・セラピスト・精神科医の違い

カウンセラーとセラピスト、精神科医の違いは、
以下のようになります。

 

カウンセラー: クライエントの話を受動的な立場で聴く人のこと

 

セラピスト: 比較的積極的なアプローチをするひとのこと

 

精神科医: 心の病の治療をする人のこと

 

あえて挙げると、カウンセラー・セラピスト・精神科医の違いには、
このような違いがあります。

 

しかし、現在は、カウンセリングとセラピーは
基本的に同じようなものとして考えられています。

 

カウンセラーとセラピストの違い

 

カウンセラーとセラピストは名前は違いますが、
役割や仕事内容に大きな差はありません。
どちらも、クライエントの悩みや抱えている問題に対し、
いろいろな角度から相談や助言を行い、
クライエントの心の健康を取り戻すサポートをしています。

 

カウンセラーと精神科医の違い

 

カウンセラーと精神科医には、大きな違いがあります。

 

最も異なる部分は、精神科医は、医師が国家資格を持つ「医師」であることです。

 

精神科医は「医師」であるので、治療行為のひとつとして
薬物を使うことが可能です。

 

ですが、カウンセラーが薬物を用いる薬物療法を行うことはできません。

 

また、精神科の医師は、主に精神病を患う患者さんに対して治療行為を行います。

 

ですが、カウンセラーは、精神病患者の治療行為に関しては、
精神科の医師の手にゆだねることがほとんどです。

 

精神科の医師は、医学を基盤とし、
生物学的な立場で身体を診て、心理学的な見方によって精神状態を診ます。

 

いわば、精神科医は二重の見地から
患者さんの治療を行っています。

 

しかし、カウンセラーは、心理学的な見地でのみ
クライエントを診て、治療を進めていきます。

 

精神科医は、カウンセリングを行うことだけが仕事ではありません。

 

しかし、精神科の医師の仕事の中で、
カウンセラーとしての役割は大きいです。

 

ですから、精神科医=カウンセラーという考え方も間違いではありません。

 

 

<カウンセラーの収入>

 

カウンセラーの収入はどのくらいあるのでしょうか。

 

カウンセラーという職業で、生計を立てていくことができるのでしょうか。

 

カウンセラーの収入は、千差万別です。

 

キャリアや働く形態にもよりますが、かなりベテラン、
或いはカウンセラーという職種に理解のある職場でなければ、
カウンセラーとしての収入だけでは
生計を立てていくのは難しいというのが現状です。

 

カウンセラーは、資格制度が完全に確立されていないため、
日本では、カウンセラーという職種の位置づけも曖昧です。

 

日本社会も、ストレス社会といわれるようになり、
ストレスや悩みを抱える人が急増していますから、
今後は、カウンセラーの必要性も認められ、
カウンセラーとしての活躍の場は増えていくかもしれません。

 

ですが、アメリカのように、カウンセリングを生活の一部として
身近に捉える雰囲気は全くありません。

 

そればかりか、カウンセラーに相談するということに、
抵抗感を抱く日本人も少なくないのです。

 

このようなことから、カウンセラーとして生活をしていくには、
まだまだ厳しいということがいえます。

 

クライエントが支払うカウンセリング料の相場は、
1回1時間で5000〜20000円程度となっているところが多いです。