良くないカウンセラーとは

・医師との連携をしないカウンセラー

 

カウンセラーは、精神科医との連携が大切です。

 

心の病はが原因で体に支障をきたしたり、
体の病気が原因で心の病が発症する場合がある等します。

 

精神科医との連携は欠かすことができませんし、
体の病気が原因なのであれば、
その病気の治療をする医師との連携も必要です。

 

・技法固執型カウンセラー

 

技法固執型カウンセラーとは、ひとつの技法しか用いず、
さまざまなクライエントに対して、
自分の技法でしか対応しないカウンセラーのことです。

 

・自信過剰型カウンセラー

 

自信過剰型カウンセラーとは、
自分の力で何でも治せる!と思い込んでいるカウンセラーのことです。

 

・お坊ちゃま型カウンセラー

 

お坊ちゃま型カウンセラーとは、
社会経験に乏しく、苦労を知らないカウンセラーのことです。

 

・自分中心型カウンセラー

 

クライエントは、いろいろな人がいます。
一生懸命やっているつもりなのに、
全く言うことを聞いてくれない人もいるでしょう。

 

そのようなクライエントに対して、
ヒステリーを起こすカウンセラーを「自分中心型カウンセラー」といいます。

 

・青春熱血型カウンセラー

 

青春熱血型カウンセラーとは、
治療にとても熱心で、かえってクライエントを追い込んでしまうような
タイプのカウンセラーのことをいいます。

 

・テスト第一主義型カウンセラー

 

テスト第一主義型カウンセラーとは、
心理テストが大好きで、心理テストの結果が全て!
というようなカウンセラーのことです。

 

・ウンチク大好き型カウンセラー

 

カウンセリングの歴史や、療法の開発者など、
学問的な知識に精通していて、
治療中でも自分の博学をひけらかしたがるカウンセラーのことです。

 

ウンチクも必要ですが、クライアントに対して、
それを披露する必要はありませんよね。